楽器の買取屋さんは高価買取が特徴です。楽器の買取相場に対してどれだけ高い値段で査定しているかを紹介します。

⇒楽器の買取屋さんの口コミを見る

楽器の買取屋さんと楽器屋さんの買取価格相場

楽器の買取屋さんは、高額買取が自慢の買取店です。楽器の販売は行わず、買取にだけ特化したお店ですし、店舗運営費や人件費などが発生しないため、高額での買取を可能としています。ここでは、高額査定になりやすい楽器を例に出し、ほかの楽器店との相場を比較したいと思います。

ギブソンレスポールスタンダード

キメの細かいメイプルトップが特徴的なモデルです。バーストバッカープロのピックアップを搭載し、非対称スリムテーパータイプのネックグリップを採用しているのも特徴。鮮やかなカラーリングを施したモデルが多いのも特徴的なポイントといえるでしょう。ピックガードを外しているためメイプルトップがよく映えており、ロック式のペグが採用されているのも一般的なスタンダードとの違いです。

 

楽器の買取屋さんでの買取相場ですが、これまでに100,000円での買取実績があります。ほかの楽器店だと、10,00070,000円程度の買取額となることが多いのですが、それに比べるとかなり高価な査定額となっています。

パイオニア・CDJ-2000

パイオニアがリリースしたターンテーブルです。

 

6.1インチの大型フルカラー液晶を搭載しているのが特徴で、視認性のよさにも定評があります。ロータリーセレクターとファイル情報を標示できるGUIを組み合わせることで、スピーディな選曲が可能となりました。楽曲選択時における視認性のよさと、操作性の高さが高く評価されており、DJパフォーマンスの向上が期待できるモデルです。中古市場での需要も高く、高額買取が期待できるターンテーブル。

 

楽器の買取屋さんで宅配買取したときの参考価格は、75,000円となっています。よそのお店だとどれくらいになるのか、ということですが、よそでは40,000円前後となることが多いようです。

 

高くても49,600円程度になっていることが多いので、いかに楽器の買取屋さんが高値での買取をしているかが理解できるでしょう。

ヤナギサワ・A-991

ヤナギサワがリリースしているアルトサックスのモデルです。

 

ヤナギサワのサックスにおける特徴でもある、アッパーネックを採用し始めた最初のモデルでもあります。独特で遠くまでよく響く音が特徴的で、中級者から上級者のユーザーが多いモデルといえるでしょう。もちろん、初心者でも扱いやすいのでおすすめ。まとまりのよい柔らかな音色なので、演奏しやすいサックスとしても人気があり、中古市場での人気も高いです。

 

気になる買取相場ですが、楽器の買取屋さんだと160,000円での買取実績があります。よその楽器店だと、82,500円~115,000円程度になることが多く、美品でやっと160,000円ほどです。楽器の買取屋さんでは、平均的なコンディションでも高値での買取を実施しているので、ヤナギサワの管楽器を売却したいときにはぜひ一度査定を受けてみましょう。

 

A-991を売却するときの注意点ですが、実はカラーリングによって買取価格が変わってくることがあります。ラッカーやブラック、金メッキといった仕様があり、それぞれ価格が違います。もっとも高いのは金メッキタイプとなり、一般的な相場だと170,000円~250,000円ほどになることも。

楽器の買取屋さんの買取アップキャンペーン

楽器の買取屋さんに楽器を売却するのがおすすめの理由として、買取アップキャンペーンが挙げられます。

 

楽器の買取屋さんでは、常にお客様とのコミュニケーションを大切に考えていますし、何を望んでいるのか、どんな不安を抱えているのかといったことも考えています。より良いサービスをもっと提供したいと考え、お客様から寄せられた内容をベースに毎月のようにキャンペーンを行っているのです。

 

キャンペーンの内容は毎月異なり、ギターやベースなどの弦楽器の買取アップキャンペーンを行っていることもあれば、管楽器の買取額をアップさせるキャンペーンを実施していることもあります。対象製品に限り20%上乗せキャンペーン、といった具合の催しを行っているので、売却するタイミング次第ではより高額査定を狙えるでしょう。

 

ホームページ内の特設ページで高価買取のキャンペーンを告知しているので、楽器の売却を検討しているのなら毎月チェックしているとよいかもしれません。同じギターの買取額アップキャンペーンでも、月によって対象となるモデルやメーカーが異なります。タイミングをうまく見計らって査定を受けましょう。

楽器の買取屋さんの買取価格交渉

少しでも高く楽器を買取ってもらいたい、と考えるのは当然のことです。何とか価格交渉して高値で買い取ってもらえないだろうか、と思っている方もいるでしょうが、楽器の買取屋さんでも買取価格の交渉は可能なのでしょうか。

 

公式ホームページには価格交渉に関する明確な表記などはありませんが、対面での買取だと交渉の余地は十分あるでしょう。宅配買取だと非対面での買取となるため、交渉をするのは難しいかもしれません。そのため、価格交渉をして少しでも買取額をアップしてほしい、という方は店頭への持ち込み、もしくは出張買取を選択するとよいでしょう。

 

交渉をするときのポイントですが、事前にアピールできる部分をメモ帳などにまとめておくことをおすすめします。普段から交渉ごとに慣れている方なら問題ありませんが、そうでない方だといざスタッフさんを目の前にすると緊張して交渉どころではなくなってしまいます。楽器の歴史や背景、ほかのモデルとの違いなどもまとめておきましょう。

 

基本的に楽器の買取屋さんは、無駄なコストを徹底して省くことで高価買取を実現しています。そのため、交渉しても実らない場合もあるでしょう。それくらい、普段からギリギリの査定額を提示しているということです。あまり無理なお願いをしてしまうと、逆効果になってしまう可能性もあるので注意してください。